愛知県春日井市で「新月暦」ならった木造注文住宅 「髙蔵の家」    竹小舞土壁創り

心やすらぐ木の住まい大切にしたい我が家 自然の摂理にそった「家創り」をいっしょにしませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

講習会

 気候もすっかり秋めいてきましたネ。
朝晩の気温の差はかなりありますが・・・皆様の体調管理はいかが?
9月も終りの30日 名古屋駅近くで監理技術者講習に行ってまいりました。
5年ことの更新 席は何と正面一列目!・・・座席

年格好はかなり年配の方が多く?かナ?・・・
5時間目まで講習(授業)なかなか聞くのはつらいですネ。
講師は国土交通省の○○下り?  OHP古いネ 今はパワーポイント?もなく
本読みがほとんど 一部黒板(ホワイトボード)・・・運転免許の更新の方が・・・
 

講習テキスト

 この講習での監理技術者は木造住宅では必要とされませんが、公共性の建物や大規模工事の現場監理者には
不可欠の資格を有したものが講習を受けていなければならない終了証であるため・・・

 講習を受け改めていろいろな資格等・・・も更新講習をやって頂き法的な変更等も
教えてもらいたいものですネ。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/01(金) 16:36:29|
  2. 勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010新年研修旅行

 2010年新年も半ばを過ぎ、新しく皆様もスタートしましたか?
「高蔵の家」では毎年「新年会」を兼ね社員、職方と共に小旅行を行っています。
昨年は「日光東照宮・・・」でした。今年は富山方面へ・・・と出かけました。

 昨今あまり見かけませんが二間続きの和室といえば 「欄間」 「透かし欄間」や 「筬欄間」
井波といえば「彫り欄間」瑞泉寺まで散策の途中で・・・ 


八日   「瑞泉寺」前八日町通り

彫り欄間  木彫り「蝦夷屋」にて

紅梁     木彫り「常房」にて 
              


石畳みの通りには雪を溶かす散水栓もあり整備された道路でした。

「欄間」の材料は 「楠」の木が使われているようです。加工のし易さや・・・
 写真の「欄間」は お客様持ち込みの「山桜」だそうだ。
見習いは約5年で技術を習得との事  5年で?早いですネ!

「松竹梅」が彫られていました。

「欄間」以外の彫り物の依頼もあり   写真右はお寺の「紅梁」


八日町通りの突き当たりは井波別院「瑞泉寺」只今地盤補強終了?内部柱脚部補強改修が行われていました。

山門   山門 

内部   内部改修   
 
脚固め  脚固め(既存部)

                                     

屋根は へぎ(木材を割いて板状に)にて こけら葺き  くぎは 竹・・?

           見本

               こけら葺き見本

先人の  技、技量には脱帽ですネ!


続きは後日・・・UPしますネ。
    







  1. 2010/01/26(火) 16:49:24|
  2. 勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟研修

 投稿は遅くなりましたが先日のチルチン研修の帰路に「久保田」で有名な酒蔵「朝日酒造」へ

創立者である平澤與之助が建てた住宅を見学 「松籟閣」しょうらいかくの正面よりパチリ

看板   正面玄関 「松籟閣」

応接間と思われる洋室の暖炉とステンド

暖炉  ステンド 

         完成見学ができる「蛭川の家」もステンドがあります。

その後 平成16年の中越地震と19年の中越沖地震と相次いだ震災を受け修復の終わった「長谷川邸」

長谷川邸1  長谷川邸正面



勇壮な萱葺き民家、訪れたかった新潟の民家はため息ばかり・・・

 高速に乗る前に「サフラン酒蔵」 へ立ち寄り 民家再生協会のイベントでも見学があり見たかった蔵の一つです。

サフラン看板 全景 蔵戸

左官の技、技術 この建物も感動ものの一つでした。

現在 「熱田の家」 「蛭川の家」をご覧いただけます、是非お問い合わせください。

  



  1. 2009/12/07(月) 18:34:18|
  2. 勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AEDを使った心肺蘇生法

自治会主催で消防士によるAEDを使った心肺蘇生法の講習を受けました。

    P1010094_R.jpg
 
        救命救急士によるAEDの取扱い説明の様子


 心肺蘇生をしAEDの電極パットを装着  P1010091_R.jpg


 装着後もAEDの指示のもと引き続き心肺蘇生を行う         P1010093_R.jpg
 

  初めての蘇生法の講習を受け「傷病者」の救命処置が出来る様になった気がします。
  
  1. 2008/07/06(日) 17:38:11|
  2. 勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桑名 六華苑にて

鈴木 有 先生  

 
「みんかのお話」
10月14日秋晴れの中、桑名市六華苑にて東海民家の学校第1回講座に鈴木有先生を招き講義が開催されました。

 各地区でお話される母体の活動には我々が取り組んでいる地域の材料を使った家創り他、下記の目標が共通にあると感じました。
  1 外材でなく、国産材 特に地域の木材を使いたい。
  2 新建材を少なく き・竹・土・石・紙・・・など地元の自然素材や
    加工製品を多用したい。
  3 現代の生活と融合しながら伝統的な木造工法を基本としたい。
  4 建て主、設計士、施工者と材料、資材を供給してしてくれる人の
    顔がみえ、地域の技を活かして造りたい。   
  5 商品、物品でなく住まいとして家つくりの想いを共有して作業したい。

  こうした目標は 日本の山を甦らせ我々現代が抱える数々の困難な問題の  解決となるだろう!
  1. 2006/10/18(水) 17:37:44|
  2. 勉強会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。